ジェネリック医薬品は安全

ダイエット関係などのジェネリック医薬品は、新薬として出て、長年使われて来た薬を簡単に言うとリメイクしたものです。
ただ、新薬と同等の効果と安全性が認められて初めて提供が許されるのがジェネリック医薬品です。
医師や薬剤師の信頼度が低ければ、当然利用する人のジェネリック医薬品に対する安全性への不安は高くなるわけです。
薬の安全性というのは、製品側だけではなく、人によって大きく異なってくると思います。
しかし、使用される添加物の種類や量は従来品と異なる事も珍しくありません。
そのため、多少従来品とは色や形状などの見た目、あるいは味や匂いなどの風味が違ってしまう事もあるようです。
それと、薬が大きすぎてうまく服用出来ないなどという事も出て来る可能性はないとは言えないでしょう。
こうした事を考えると、ジェネリックに対する安全性を一切疑う必要はないという事は出来なくなってしまいますね。
しかし、食欲抑制剤のジェネリック医薬品に対する安全性面での抵抗は、必要以上に持つ必要はないのではないかと思います。
逆に、新薬よりジェネリックの方が体に合うという事もあるようです。
ですから、医師がジェネリック不可と処方箋に記載しない限りは、試してみる価値は十分あるのではないかと思いますね。